外資系で働く理系ワーママの毎日

外資系企業でケミカルエンジニアをしている2児の母のブログ

STRAILの無料体験をしてみました 1時間のセッションで私の弱みが明確に。

(この記事は宣伝等ではなく、ただただイチ個人の思うままをつづっています)

 

週末に、STRAILと、ENGLISH COMPANY、二つの無料体験を予約しました

結果的には、STRAILの内容が自分に合うと思ったので、

STRAILでコーチングを受けながら英語を強化することに決めました

 

以下、その背景です

金曜日に、いよいよ来年はもっと英語が必要だということが判明し、

しかも、ほぼ外人と対等にやりあえるぐらいのネイティブレベルを求められていることを知っているので

これはレベルアップをしなければならないと

ずーーーーーと前から気になっていた、STRAILとENGLISH COMPANY、

どちらも無料体験の申し込みをしました。

 

どちらも同じ会社で、システムの違いがあります

お値段は、STRAILのほうが1/2とお安いです

でも、それでもそこらの通信教育とはわけがちがうお値段です

 

strail-english.jp

 

englishcompany.jp

 

無料体験は、Webで必要事項を書けばOKで、

30分もしないうちに、一度電話をいただきました。

ただ、忙しい旨をお伝えし、以降はメールでのやりとりにさせていただきまして

無料体験の空き枠をメールしていただき、それを返信して、

という形で申し込みを完了させました。

 

順番は、お安いほうからにしようと思い、STRAILから、にしました

 

Zoomで、1時間の無料体験レッスンですが

時間ちょうどに、先生とつながり、会話スタート。

 

わたしの今の目標である、

「サバイバルイングリッシュから卒業したい」

ということを伝えたところ

先生、「それはなかなか大変な目標ですね」

と言われました 笑

 

STRAILの考え方などの説明を受けつつ、自分の英語力を説明します

 

最近はTOEICなどを受けていませんが

10年前に795点、

2年前にGTECで619点(TOEICで800点レベル超)

という結果があることを説明し

アセスメントを受けました。

90秒ぐらいの英語を聞き取り、内容を日本語で伝える、というものです

 

いきなりの話題のヒアリング。。。

英単語は聞こえてはいたのですが、日本語で説明しろといわれると、

え、なんの話だったっけ?という感じで細かいところが全然説明できません 汗

 

一通りのアセスメントを追えると、

わたしの弱点を明確に教えてくださいました

 

①音声知覚に問題あり

細かい単語まですべてを聞き取れていない

知っている単語で推測しながら理解をしてますよね?というところ

 

②チャンクリーディングはしているが、正確性、処理のスピードが遅い

英語を頭から理解はしているけれども、

少し複雑な文法になると処理スピードが遅くなり

それがきっかけとなって内容理解が遅くなる

 

特に②については、

脳みそが、単語を聞き取ることでいっぱいになっていて

内容を深くまで理解したり、それを記憶していくキャパがないです

という説明が添えられていて

 

あ!そうなんです!!それそれーーーー!!

 

と叫びそうなほど的確な指摘をいただき、感動しました。

 

ENGLISH COMPANYとの違いについても教えていただき

・先生は兼務をしている(STRAILの先生になるには、ENGLISH COMPANYでの経験が必要)

・STRAILは、毎週30分のアセスメントと、30分のコンサル、あとは自習

(どれだけ勉強したかは、アプリで記録し、常にチェックあり)

・ENGLISH COMPANYは、毎週90分のトレーニングを、向こう2週間ずつ予定をたてて実施

レーニングの内容についても、先生が手取り足取り教えてくれる

(もちろんアプリで記録してチェックもされます)

というところが大きく違うのだとわかりました。

 

お値段の差は、先生を確保する時間の違いとのことです

 

ワーママで英語の勉強を追加していく上に

夜にも会議が入ったりする身の上だと、

2週間先の予定をブロックするのは厳しい。

そして、先生からも

やり方を手取り足取りしていなくても、たぶんできますよね?

必要があればコンサルを延長することに予算を回してもいいかも

という助言をいただき

確かにそうだな、と思ったので

ENGLISH COMPANYではなく、STRAILにしようかな、と思いました

 

そんなわけで、3か月間のトレーニングをはじめます!

少しずつ経過をご報告していこうと思いますので、よろしければお付き合いくださいませ。