外資系で働く中学受験息子もちの理系ワーママの毎日

外資系企業でケミカルエンジニアをしている2児の母のブログ

STRAIL セッション2回目

f:id:proton_mom:20211029160543p:plain

10月30日より、STRAILにて、英語の再勉強をスタートしています。

最初の1週間、これまで1日あたり90分も英語の勉強をしていなかったので、

もー、ほんと、ウンザリレベルにつらかったです

 

ただ、そんな中でも、3日すぎて4日目ぐらいになったら

宿題のそれぞれの要領が少しわかってきて

勉強の範疇では、進歩を少し感じることもできてきました

特に感じたのはOverlapping

前は1回聞いたら、1単語ぐらいしか書きとれなかったけど

今は簡単であれば、3割ぐらいを1回で書きとることが可能になりました

私としては、進歩。

 

STRAILの勉強は6日間が1サイクル

7日目は、アセスメントテストを受け、コーチングセッションで次の課題発見の上、

翌週の課題を決定する

という流れです。

 

土曜日がDay7。

アセスメントテストを受けたところ、、

文法問題が制限時間に解き終わらず

読解問題と、Dictationはほぼほぼできた、というところでした

 

セッションでドキドキしていたのは、

覚えた単語のテストと、

Overlappingと、Shadowingを披露してもらいます、というところ

 

単語テスト、96x6=576個 完璧なのか?!というところが自信が持てないのと

Shadowingはちょっとつっかえちゃうと、ガタガタっとなっちゃうので

心配で

子どもの習い事で様子を見ているときも、ひたすら復習してみました

TOEIC600なので、知っている単語もものすごく多いのですが

仕事上使わない系だったり

品詞が違う使い方がわからなかったり

わたしの中ではどれもこれも似ていてごっちゃになる単語があったり

fashionは、「やり方」。へぇ、、、おしゃれ、じゃないんだ・・・みたいな感じです

 

そうして本番ですが

単語テスト 満点!(やったー!)

OverlappingとShadowingも、やり方はOK

ShadowingはAudipoというアプリで0.75倍にしたら、9割ぐらいできました。

 

そして、新たにわかったわたしの課題は

音声変化の、弱形と、ラ行化が弱い

文法の関係代名詞が強くない

文章をフワッと読んでいて、詳細&正確に読んでない

という3つ。

 

音声変化は、5つのパターンがあるのですが、

・・・of our・・・ は、オヴァ

・・・for・・・は、フ、ぐらいしか発音していないそうで

それができないと、Shadowingが遅れていっちゃう、とのこと

なるほどー、そういうところをのんびり発音していることで速度差が生まれるのか、と目からウロコでした

 

そして、文章を正確に読んでいない、という点は

まさに、いままで、そんな感じで生きてきたので

グサッ、グサグサグサッツツッと、刺されました

 

わたしの読解の唯一の課題は、フワッとしないことだそうで

それを踏まえて、文法の課題のやり方について、

細かく指示を入れていただいて勉強していくことになりました

 

そんなこんなでWeek2の課題は

キクタTOEIC 600 最後まで

速読Reading (オリジナル教材)

Dictation&Overlapping (オリジナル教材)

TOEIC L&R でる1000問

こちらの4つです。

 

でる1000問は、こちらの本。

Abceedというアプリを通じて購入しました

 

1週間やってみて

やりきったぞという達成感とともに、どんな風にこなすべきかが見えてきました

「まずは1週間やってみよう」とよく言いますが

3日目~6日目のあたりがしんどかったです

3日坊主って、ほんとにいいこというなぁ、、的な笑

その辛さを越えて、7日目になると気が楽になったように感じました

 

英語じゃなくても、ダイエットとか、ほかのものでも

習慣化する、という最初のハードルはこの1週間続けられるかにありそうですね。

 

先生ともお話してまた課題がわかり、進めるべきポイントがわかったので

Week2も元気にいきたいと思います!