外資系で働く中学受験息子もちの理系ワーママの毎日

外資系企業でケミカルエンジニアをしている2児の母のブログ

夏の疲れを感じつつ、コツコツと・・・

あっという間に9月も14日

アメリカから戻って1か月がたち、やっと普段の生活がもとに戻ってきました

 

息子小5は、割と元気に夏休みを終えることができましたが

9月最初の模試は、夏の成果を感じられずに終了し

親のほうが慌てて、ユリウスと面談をしたりとバタバタしていました

 

息子の弱点は

計算の間違え、足し引きのミス、約分のミスで失点してしまう

漢字がめちゃくちゃ 笑

記憶がところてん状態で抜けている

というところ。

 

漢字については、模試のあと、一緒にみてみたら

いやぁ、もう、面白いぐらい、面白い漢字を書いていました

 

一本線が足りないとか

点がついてないとか

そんなのだらけです 笑

 

今から歴史の勉強が始まるときに

音だけで記憶させていたらダメだと、

猛反省しました。

全体を俯瞰する勉強と、漢字や細かいところまで確認する勉強を

織り交ぜながら進めないといけないですね。

 

そして、本人、あまり漢字の勉強に興味がないので

一緒にやることを楽しんでくれている様子が見られました

ちょっと私の自由時間が減りますが

しばらく一緒に、コツコツと

ところてんがたまに脳裏に記憶される日を祈りながら

コツコツと進めていこうと思います

 

9月は、

私がアメリカ帰りだからということだけではなく

夏休みの生活から学校の2学期が始まり

まだ世の中は暑くて

本当に疲れてしまいますね

子どもたちも、疲れている様子が見てとれます

 

今度の週末は連休があったりしますので

体力を回復させながら

5年生の秋、夏よりもまた少しギアを上げる勉強をしていってほしいなと思っているところです

 

私もコツコツと英語の勉強しなくちゃな・・・と思っています

アメリカに行くことが決まって以来、ほとんど勉強しておらず。

日々の成果はわかっているので、前に進めないといけないですね!

 

アメリカに行っていました Amazon Echoに感謝

ご無沙汰しております。元気にしております

 

アメリカ出張にいっておりました

 

7月6日に突然、US出張承認が下り

そこから怒涛の準備をして

7/26-8/12でUSにおりました

 

出張の可能性の話は5月からあったのですが

あまりにも承認が下りず

ほぼ諦めていた矢先。

あまりにも突然に承認が下りたので

そこからの準備だけで、もうひーひーしていました

 

受験勉強が本格化する小5息子と、

学童や学校が行きたくなかったりする小1娘を

すべて夫に任せ

3週間弱、US出張に行ったわけですが

結果としては

私の仕事のモチベーションが爆上がりして帰ってこれたので

会社としては私をUSに連れてってよかったのではないかと思います

(成果が出てないよ、といわれそうですが)

 

子どもたちとの連絡手段として今回初めて採用したのが

Amazon Echo

こちら、単身赴任とか、海外出張が多いパパやママに大変おススメです

 

私はセールで買うことができたので、大変ラッキーだったのですが

今回、こちらを2台購入し

1台を家のリビング(夫のアカウント)

もう1台を私がアメリカのホテルに設置

私がホテルにいるときはほぼ常時接続できる環境を作ることができました

画面がついているし、この本体同士で電話(というかテレビ電話?ビデオ会議?)がかけられるんです!

なんと便利なことでしょう!!

 

もう、これのおかげで

子どもたちだけでなく、私が非常に精神的に安定して

(余計な心配をすることなく)過ごすことができたんです

短時間の電話より

話をしなくても、同じ時間を過ごしている感覚を得られるのが

いかに安心感があることなのかを思い知りました

 

アメリカと日本は時計がほぼ逆なので

毎日、この電話で子どもたちに朝起こしてもらい

そそくさとお味噌汁を飲み

そそくさと会社へ向かう、という生活をしていました

 

日本を旅立つ前は心配ばかりしていた子どもたちも

帰ってきてしまえば、すっかり平穏が戻っています

 

ブログがずいぶんと空いてしまいましたが

また私目線で感じたことをつづっていきたいと思いますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

いよいよ7月 夏休みの課題 発掘中

今日から7月

なんでこんなに1年過ぎるのが早いのでしょう

そしてなんでこんなに毎日暑いのでしょう。

 

小5男子の日能研公開模試は

過去最低の結果という、

これから夏を迎えるのに気合入れる以外何もないよね

という展開になりました

 

ユリウスの先生との面談もいたしましたが

どうにもこうにも

時間配分が下手すぎるのと

基本事項に穴があるというよりは

実力がうまく発揮されていない状況が見えてとれるので

基礎をがっちりと固めつつ

テストで点がとれるようにしていく夏にしていきたいと思います

 

どの教科にも問題がありますが

まず強化したいものは理科

面談で、「社会の方が好きなんですね」と言われる始末は

何があっても理科だけは学校の成績オール「よくできる」な息子

通知表には「本当に理科が大好きですね」とかかれる息子

そんな息子にとっても侮辱的だったに違いありません・・・

化学科出身の夫婦の子どもなのに、化学分野でバツだらけとはいったい・・・(汗)

理科をきちんと点がとれるように改善したいと思います

 

行きついたのは、名古屋の倉橋先生のサイエンスラボ

有名なサイトだそうなので、みなさんご存じかと思いますが

穏やかな倉橋先生がYoutubeで多くの単元をわかりやすい動画にしてくださっています

science-labo.com

もっと早くみせておけばよかったな。

毎回の公開模試は、課題発見の連続です

 

課題に対する対策を立てながら、少しずつ進めていきたいと思います

小1娘 漢検が終わったので そろタッチはじめました

今日は息子ではなく娘の話ですが

 

先週の日曜日、娘、人生初めてのテスト、として

漢字検定10級を受験してきました

 

漢字に興味を持ったのは入学式のころ

急にこの漢字、どう読むの?と気になってきたので

ガウディアの先生にご相談したところ

先生も、漢字への興味を感じていらっしゃったとのこと

ならば、お兄ちゃんと一緒に、漢検にチャレンジ!

ということで、10級を受験することにしました

 

結果、漢検では書き順や画数をきちんと把握することも勉強でき

非常によかったなぁと思いました

ガウディアの先生が手厚く指導してくださったので

合格していない、ということはないと思います

 

1つの成功体験として、いいきっかけになってくれればよかったです

(お兄ちゃんは8級からしかやらなかったけどね、あなたはエライ)

 

そんな漢検が終わった娘に、

そろタッチっていうのがあるんだけど、興味ある?と聞いてみました

すると、超興味深々

 

そろタッチ、ipadで実施するそろばんを使った暗算トレーニングです

www.sorotouch.jp

私は友人に教えてもらいました

学習開始が小2まで、ということになっていて

娘は最近ガウディアで200までの数を学んだところ

ちょうどよい開始時期かなと思っています

ipadをつかって、そろばんの絵をタッチしながら、計算をしていく、という仕組みです

 

タスク3つが1日の目安なのですが

娘の記録をみると、ちょうど20分ぐらいで毎日こなしています

 

本来であれば、月の最初から登録すると、初月無料になるので、そうしたかったのですが

紹介したタイミングで、今日からやる!とやりたい気持ちが全面に出ていたので

それならどうぞ、と月の20日から始めるのを許しました

やりたい気持ちが大事ですからね。。。

 

こちらのそろタッチは、そろばんを両手使いするようで

昨日までは1~4までの数字をつかって入力や暗算をしていましたが

昨日からは、11、22、44という、2桁の計算もでてきました

そろばんの前提知識のない私からすると

親指をipadにつけて作業している光景が、ちょっとまだ慣れません笑

 

どこまで続くのか、様子をみつつ

わたしよりも計算が早くなってスラスラ暗算できたらすごいなぁ、、と期待してみています

雨でも蛍狩り

急に日本の夏らしいじめじめした感じが続いていますが

この時期の風物詩といえばホタル!

ということで、土曜日にホタルを見に行ってきました

 

我が家の八王子の家からごく近くに

湯殿川というスポットがあり

野鳥も有名ですが

ホタルもみることができます

 

ホタルがみられるベスト時間は20時とのこと

夕方から雨が降ってきてしまって

ホタル、どうしよう?!という状況でしたが

雨でもホタルを見ることができるのか?

いるならばどこにいるのか?飛んでる?休んでる?

と観察してみようと、決行

 

いつもは晩御飯のスタートが遅くなりがちなところを

思いっきり前倒しして

出かけてきました

 

行ったところ、

ホタル、意外と飛んでました!感激!

 

まず、

ほかにも何組か、やはりホタルをみに来られている方はいらっしゃいましたが

雨なので人が少なくて

のんびりと見学でき

思った以上に、ホタルの成虫は雨でも飛びます(タフや!)

草陰に隠れながらひかっているホタルもいたり

ホワホワッと飛んでいるホタルもいたり

去年初めて見に行ってで、今年は2度目でしたが

今年も感動の光景でした

 

そして、傘という新兵器。

ホワホワッと飛んでいるホタルを

傘で誘導することができ

傘の中で一緒に歩くことができます

これには子どもたちも大喜び。

 

雨じゃないときと比べれば

雨じゃないほうがホタルの数は多かったのかもしれませんが

雨には雨の良さがある、ということを感じられるホタル散歩

 

ホタルのシーズンはわずかですが

家族で夜のお散歩をしたこと、

子どもたちがずっと覚えていてくれたらいいな、と思っています

声がれをきっかけに漢方をはじめました

定期的に更新しようと思っているものの、更新が滞っておりますが

日々、いろんなことが発生するストレスフルな日々を生き抜いています

 

今日は肌寒い日ですが

そのちょっと前は暑かったりして

5月の末に、仕事している間にあれよあれよと声がでなくなり

カスッカスの声になってしまいました

 

耳鼻科に駆け込んだのですが

「喉も腫れてないし、風邪っぽい症状もないけど

声帯だけ炎症が起きているね」

とのことで

 

先生、今すぐなんとかしてください

という私の悲痛な叫びに対して

「しゃべらないのが一番だね」

という

え、それってさ、、、それじゃさ・・・仕事にならないじゃん

という悲しい現実を突きつけられたのですが

幸い、声が枯れた翌日がほとんど会議がない、という

私の仕事としては奇跡的な日だったので

ひたすらトローチをなめながら声を出さないようにしていたら

約1週間で90%ぐらい回復しました

 

私はいつも喉が弱く

喉から風邪をひくし

声が枯れるのも、毎年1度か2度起きてしまう体質のようで。

声が枯れると、仕事に激しく支障をきたすので

声が枯れるたびに、

人生で声が枯れるのは今回だけにしたい、と心底思いながらやっています・・・

 

そんなわけで、今回も心底懲りまして

何か対策をしたいと思っていたところ、

たまたま私のいきつけの美容院で、エステティシャンの方にお会いし

「喉が悪くなりやすい方は、気の巡りが悪いのかもしれませんね」

というアドバイスをいただいて、

気の巡りによいお野菜などをご紹介していただきました。

そのアドバイスを聞いたとき、

そうか漢方で体質改善するのはいいかも!と思ったので

善は急げ

 

お休みの日に、前から気になっていた漢方薬局に行ってみました

立川の伊勢丹の中にある、日本堂という漢方薬局なのですが

薬剤師さんが、丁寧に私の身体の不調をきいてくださいます

 

結果、おススメくださったのが、こちらの、喜蜂寿というドリンク

喜蜂寿(きほうじゅ)の通販 | ニホンドウ | 健康・美容ドリンク | 漢方専門店の通販なら薬日本堂オンラインショップ

 

プロポリスやローヤルゼリー、田七人参やナツメなどが入っているそうで

季節の変わり目が揺らぎやすい人

喉を潤したい人

に向いている、という

それはそれは私向けな気しかしないコメント。

 

漢方といえば、煎じ薬、、、

まずそう&それをやるのは時間がかかるし難しそうだなぁと思うところ

こちらは1本ずつの飲み切りドリンクになっているので

冷蔵庫に冷やしておいたものをククッと飲むだけでいただけてしまいます。

 

ただ、、、お味はね・・・

飲めないことはないですが、、漢方です笑

おいしいものではありません。

化粧品メーカーが作られているようなドリンクの飲みやすさのカケラがないだけでなく

箱から開けただけで

家族がドン引きするぐらいの、漢方の香りがたちこめます

 

店頭では、1本試飲させていただいて

これを飲み続けられそうかを確認したうえで購入することができました

 

お値段は結構するので、どうしようかな・・と思ったのですが

試飲した際、

飲んでいるときに、のどの一部分に染み入る感じがしたのと、

飲んですぐに、声がでるようになったのを実感し

(私も、薬剤師さんも気が付くレベル)

これは効果があるのだなと感じたので、

とりあえず、毎日朝1本飲むのを続けています

 

声の調子が安定したのと

朝の状態によって、お薬の成分が染み入るときと、サラッと飲めるときがあるので

これが体調のバランスの違いなのかなぁとも感じていますが

今のところ、声の調子が治って、元気です

 

無理をしすぎないようにしつつ、身体によいものをとりつつ

元気に毎日を過ごしたいと切に思っています

きょうこ先生の「教育何でも相談室」に助けていただきました

車を運転しているときは

Kindle本の読み上げをしているか、

Audibleをきくか

Youtubeのラジオ替わりになるものをきくか

をしていることが多いのですが

最近、Voicyも仲間入りしまして、

 

安浪京子先生の、

きょうこ先生の「教育何でも相談室」

voicy.jp

という番組を最近聴くのが

楽しみのひとつです。

 

取り上げられている質問に、

そうなの!!と、激しくうなずいていたり

だよねーと思ったり

大変共感させていただいております

 

いつも、とっても現実的なアドバイスをくださるきょうこ先生

本ではわからない、お話の仕方から見えてくるキャラクターがあって

きっといろいろなご家庭を見ていらしたからこそでてくる

肩肘をはらない素直なコメントをいただけるので

よくほかのみなさまがブログにかいているような「超優秀」な人ばかりじゃないし

現実的に、子どもたちって、しょせん、小学生だものね

と聴いている私も、いつも元気をいただけるのです。

 

今週はVoicyが特集を組んでいて、

スペシャルな企画として

「子どもたちから学んだこと」

というテーマでした。

 

どんなお話がでてくるのかな、ととても楽しみにしていたのですが

「子どもは話を聞いてほしい」

「子どもは見ていてほしい」

という2点をあげられていて

非常に、身に詰まるお話でした。

 

ついつい、忙しいを言い訳にして

その2つをいい加減にしているなぁ・・・と

車中で猛烈に反省をしたので

今週は、とにかく話を聞いてあげる、

勉強を見てくれといわれたらみてあげる

ようにしようと思っています

(どんなに覚悟をきめていても、これって大変ですよね!ほんとに)

 

そんなことを思っている矢先

今週は小1娘が、運動会前ということもあり

かなりストレスフルな状況になっていることに気づきました

 

完全にネガティブ思考になっていて

トラブルの元は学童だったのに

ずるずると学校まで行くのが嫌になりそうになるという状況

 

幸い、学童の先生にもご相談して

今日は元気に学校に行くことができましたが

どんなに、話をきいていてあげているつもりでも

十分、ということはないのだと学びました

 

娘が嫌だという気持ちを言語化して

わたしに伝えてくれることができたことに感謝しつつ

今後も気を付けよう、とさらに誓った次第です

 

週末も、運動会で頑張るはずの娘や息子をいたわりつつ過ごそうと思います

(息子は公開模試もありますがね!)