外資系で働く中学受験息子もちの理系ワーママの毎日

外資系企業でケミカルエンジニアをしている2児の母のブログ

5月の公開模試も終わり、学校選びを本格化しはじめます

気が付くと間が空いてしまいましたが

GWも瞬く間に過ぎ

公開模試も終わって

次の公開模試へ向かっての平穏な日々を過ごしています。

 

前回の公開模試

成績としてはわずかに、わずかに、あがってきているのですが

親としてみると

このところのたるんだ生活が点数に反映されてきているよね、

という部分もあり

月に1度程度のペースで反省をしつつ

また次へ、と進めていけるのはありがたいことだなと思っています

 

成績がでたところで、塾の先生とも面談をし、

いろんなことをお話させていただきました。

オンラインでも面談していただけて、こまめにフォローいただけるのは

本当にありがたいことです

 

主観ですが

ここのところの少しずつの成績をうけて

こちら側が(もちろん本人も)本気で向き合っていただいていることを

ご理解いただけたような気がします。

 

憧れの志望校にはまだまだ程遠いのですが、少しずつやるっきゃないわけで。

そして、他の日程に受験する学校についても

先生からいくつかの候補をあげていただきました。

 

我が家の方針は、大学附属ではなく進学校

共学かどうかは気にしない。

というところが大枠で

あとは実際の先生や生徒さんから伺ったお話などをみて

選んでいこうと思っています。

 

なぜならば我が家は理系一家

塾の先生からも、未来はわからない、と前置きされながらも、

将来は理系だと予想する、というお話がでるほど

息子も理系なのです。

 

先生からご紹介いただいた学校は

どこも、息子が通えたらさぞ楽しいだろうなぁと思うところも多く

これから学校説明会や文化祭など

勉強の合間のリフレッシュとして参加しながらやっていこうと思います

 

言葉の森の先生には、

「志望校の過去問はとっとと入手して、何がでるのか知りなさい」

と教えていただきました

ついつい、怖いし、まだ解けないし、と後回しにしがちですが

確かに、ここが出るんだな、とか

ここが不得意とか言ってられないな、とか

見れば一目瞭然。

まぁ、男子校はどこも「図形」が頻出なわけで。

今取り組んでいる図形も、得意にならなきゃね!

 

親も子も、少し夢を見る時間を持ちながら

日々のコツコツとした勉強をおろそかにしないようにしようと思います