外資系で働く理系ワーママの毎日

外資系企業でケミカルエンジニアをしている2児の母のブログ

仕事を1件30分のコマで考えてみた

わたしの仕事は12月締め。

ただし、アメリカの会社では、12月というのはあってないようなもので

アメリカ人は、12月の10日を過ぎると一気に仕事をしなくなるし

1年の業績はその前につけられてしまう

ところから逆算すると

10月までの業績で今年の成果が決まる、というのが現実

 

となると、

あと1か月半しかない!

というわけで、ほうぼう各所、お尻に火がついております

 

そこで考えたのは

すべての仕事を1件30分の枠ととらえて

Outlookのスケジューラーに片っ端から入れていく、というやり方

これをすると、

自分の仕事が溢れているのか、余裕があるのか一目瞭然

 

30分の枠x8時間 ということは

1日に16枚しかカードがないのです!

その中で自分は何を優先して、何はあとに回すか、考える必要がでてきます

 

ポイントは、1件は30分にしておくこと

わたしの性格が起因しているところもあるのでしょうが

終わらせてからゆっくりしたい、それって憧れる~~

と思っていても

結局、その時間ギリギリに滑り込ませるタイプなので

1時間あると、前半に自分の集中力がだらけてしまうことが

明らかなのです・・・

 

予定表がパンパンになると

突発的なことで、本当にその場でやることが発生した場合には

もともとあった枠を動かさなければならないし、

何かの依頼がきたときにも、自分のふところ具合を考えることができます

 

アナログで、今日やるべきことをメモにかくやり方もしますが

時間に融通が利きにくい状況のときには

Outlookのスケジューラーに予定をいれてしまうほうが

確実にこなせていける気がします。

 

実験もしなければならないし

大量のデスクワークをこなさないと、

業績が「業績」として形にならない、という現実。

 

定時の間に、最大限の結果を生むためには

その時間にのんびりしているのはもったいない。時間の無駄でございます。

というわけで

ちょっとエンジンをかけながら

時間あたりの成果を上げられるように工夫している今日この頃です。